SUNBOR HOMEに戻る

公益財団法人 サントリー生命科学財団



理事長挨拶



 公益財団法人 サントリー生命科学財団
 理事長  垣見 吉彦

当財団へ多大なご支援、ご協力を賜っておりますことに、深く感謝を申し上げます。

(公益財団法人)サントリー生命科学財団は、サントリーの創業精神「利益三分主義」のもと、財団創設者 佐治敬三の、「これからの日本は学問や文化を通じて、世界の平和と繁栄に貢献していくべき」との志によって1946年2月にその前身が設立され、以来72年におよぶ長き歴史を刻んで参りました。
これもひとえに、幾多の成果を通じて社会貢献を重ねて来られました諸先輩、そしてその活動に多大なご支援を頂いた大学はじめ関係機関の皆さまのご尽力の賜物と、深く敬意と感謝を申し上げます。

当財団は、その設立の志に従って、「生物有機化学およびこれに関連する科学の学術振興をもって人類の幸福と反映に寄与する」ことを、その目的として、これに従った「公益目的事業」を進めております。
自ら学術研究を行い、その成果を論文や学会等で公表することによって科学研究の進展に資する「研究事業」、大学、学生などを対象として学術研究の支援を行う「解析センター事業」および「研究奨励助成事業」、さらに次世代の科学を担う「科学人材育成事業」。
これら独自の視点の「公益目的事業」を安定的に継続するために、財団の着実な運営に努めて参ります。

また、その「公益目的事業」の中核である「研究事業」においては、基本研究領域を「分子を中心に据えた生命現象のメカニズム解明」として、当財団の強みである構造生物学、有機化学、および分子生物学の異分野融合によって「世界最先端の研究成果」を目指す研究活動に鋭意取り組んでおります。
更なる新規成果目標の達成に向かって、研究員全員が大いなる志をもって尚一層の加速をして参ります。

今後とも関係各方面からの変わらぬご指導・ご鞭撻を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

[ PAGE TOP ]