SUNBOR HOMEに戻る

公益財団法人 サントリー生命科学財団



研究奨励助成事業


研究奨励助成事業

当財団では昭和35年(西暦1960年)以来、理化学研究の助成を行ってまいりました。一例を挙げますと奨学金授与者はのべ500名を超えています。昨今、理化学分野は多様な拡大をしておりますので当財団では優れた学術と人材の輩出を願って「生物有機化学とその関連」分野を中心に下記の3種の奨励事業を行っています。

申請時期、申請方法は 当財団のホームページ“TOPICS” に掲示します。また、申請された案件は当財団の常任理事、研究所長ならびに外部大学教授で構成する奨励事業選考委員会で採択を決定し、申請者個別に連絡致します。

1.奨学金制度

生物有機科学分野に学ぶ大学院学生(主に博士後期課程学生)を支援します。返済を要しない奨学金(月額60千円)を大学院在学中の最長3年間支給します。

当財団は、「有機化学の視点から生命科学分野の研究を遂行している大学院研究科に学ぶ人材を育成する」ことを目的として大学院学生に奨学金を支給しています。国内の大学院における理学、農学、工学、薬学、ならびに医学系などの研究科を対象とします。ただし、臨床医学系ならびに臨床薬学系等(疾病の診断・治療や新薬の開発などを目的とする分野)を除きます。

  • 対象者:上記に該当する研究科専攻に所属する者とし、原則として博士後期課程学生を優先します。
  • 申請と選考の方法:エントリーシートによる一次選考ののち履歴書、自己紹介書などによる二次選考を実施します。それぞれの募集要領および応募書式等を当ホームページ “TOPICS”に掲示します。

    1) 一次選考

    • 申請者本人によるエントリーシートの提出。ただし、採択には指導教員の推薦が得られることを前提とします。
    • 研究奨励事業選考委員会において研究科専攻や研究内容が選考対象に該当するかどうかを判定し、二次選考対象者を決定します。

    2) 二次選考

    • 応募書類および指導教員推薦状の提出。
    • 応募者の研究に対する抱負、実績などを研究奨励事業選考委員会で審議し、奨学生を決定します。

    なお、原則として同一の大学院研究科専攻に所属する学生への連続的な支給は行いません。年度ごとに6名程度を選考・採択します。

  • 募集と選考時期:原則としてその年の初めに一次選考の募集を開始し、3月末までに選考・決定して奨学生本人および推薦者に通知します。また、当ホームページに奨学生の個人名を除いて選考結果を開示します。なお、定員に満たない場合は期中に追加募集を行うことがあります。
  • 支給額と支給期間:月額60千円(返済の義務はありません)、支給期間は支給開始学年に応じて大学院在学期間(最長3年間)とします。
  • 報告の義務:奨学生の修学状況、素行および身上の変更などについて、推薦者に随時に報告をお願いすることがあります。また、年度末ごとに当年度の研究成果および推薦者の評価を記載した報告書の提出をお願いします。
  • 支給の停止:次のような場合には、奨学金支給を停止することがあります。
  1. 在学中に日本学術振興会特別研究員に採用されたとき(辞退届を提出していただきます。)
  2. 学業成績の不振、素行不良、あるいは傷病などに起因して、大学院の課程修了の見込みがないと認められたとき
  3. 指導教員より停学もしくは休学の報告のあったとき

2.研究助成制度

生物有機科学分野の若手研究者を支援する目的で、年度ごとに研究分野を設定し、関連する課題を公募します。採択された課題に対して、研究奨励金を支給し、課題の遂行を助成します。

研究奨励金の趣旨は、「有機化学を基盤とする生命科学分野のうち、次世代または将来の基盤となりうる研究分野を育成することを目的に、独創性、先駆性の高い研究課題を支援する」としており、財団の研究成果目標である「天然有機化合物の科学」「生物多様性の科学」「最先端構造解析の科学」のうちから、年度ごとに一つの分野を選び、その中で具体的な課題を設定して公募します。

  • 助成対象:若手の研究者(概ね42歳まで)を対象とします。ただし、大型の競争的研究資金などによる支援を受けている方は除きます。また、同一の個人もしくは研究室等への重複、もしくは連続した助成は、行いません。
  • 募集と選考の方法:当ホームページ “TOPICS”に当該年度の募集課題と応募要領を掲示して公募を行います。申請書を研究奨励事業選考委員会にて審議し、採択課題を決定します。
  • 募集の開始時期と結果について:原則として3月末ごろに募集を開始し、6月頃に選考結果を採択者に通知するとともに「課題名」を除いて当ホームページに開示します。ただし、大幅に採択予定件数に満たない場合は追加募集をすることがあります。
  • 助成額と支給期間、採択件数:一件当たり上限2,000千円/年を3年間支給します。但し、支給金額は採択課題ごとに選考委員会で決定します。年度ごとに概ね6件程度の採択を予定しています。
  • 報告書の義務:年度末ごとに研究成果報告書を提出していただきます。また、助成の最終年度等に、公開の成果報告会を実施する予定です。
なお、当財団の研究奨励金は、なんらの見返りを期待せず、当該研究課題の進展を願う純粋なものです。資金の全額を研究費に充てていただく方針のため、所属機関へ支払う間接経費/オーバーヘッドに関しては免除くださいますようお願いいたします。

3.研究集会助成制度

学術研究の振興を目的として、生物有機科学分野において若手研究者の育成や新しい分野の開拓等に取り組んでいる国内外の学会・シンポジウムなどの研究集会を中心に、国内学会一件あたり50千円〜100千円、国際学会一件当たり100千円〜300千円の助成を行います。

  • 助成対象:国内および海外で開催される生物有機科学に関連する研究集会、シンポジウムなど、国内集会および国際集会(但し、臨床医学系ならびに臨床薬学系の集会等を除く)を助成対象とします。
  • 申請の方法:準備委員長や大会長など、集会の代表者が以下の書式に必要事項を記入のうえ、当財団理事長宛、研究奨励助成事業事務局気付で、メール(jyosei@sunbor.or.jp)にてお送りください。プログラム、サーキュラー等のファイルがある場合は、それらも添付してお送りください。

    書式:集会助成申請書.doc

  • 申請時期と選考方法:年度ごとに4回程度の頻度で(概ね2〜3カ月に一度の割合)選考委員会を開催し、採択の可否および助成金額を審議・決定し、結果を代表者に通知します。少なくとも集会開催の3カ月前までに申請をお願いします。
  • 助成額:国内の集会は一件あたり50千円〜100千円、国内あるいは海外における国際研究集会は一件あたり100千円〜300千円とし、金額は選考委員会において決定します。
  • 報告の義務等:集会終了後に集会の開催結果、助成金の使途等を明記した会計報告書等、講演要旨集などを事務局までお送りください。

[ PAGE TOP ]