SUNBOR HOMEに戻る

公益財団法人 サントリー生命科学財団




当研究所の保有する研究力の社会への貢献を目的に、受託並びに共同研究を行います。当財団の事業目的に従い、受託・共同研究は下記の2種類で対応いたします。

1.大学、公益法人等の公益を目的とした研究開発の共同もしくは受託研究

(大学、公益法人、官公庁、独立行政法人等の公益を目的とする機関を対象としています。)

2.民間企業からの共同もしくは受託研究

この事業についてのご関心のある方は、“kikaku@sunbor.or.jp”までお寄せ下さい。担当よりご連絡を差し上げます。

1.大学、公益法人等の公益を目的と研究開発の共同もしくは受託研究

  1. 当研究所の状況によって対応可能、不可能の場合が有りますが、実施契約は下記の基準で行います。
    公的資金に基づいて行う共同研究ならびに受託研究は当該公的資金の定める基準。
  2. 前述の公益を目的とする機関からの共同・委託研究のお申し出について、実施契約はご委託先の契約基準を尊重して協議を行います。

2.民間企業から共同もしくは受託研究

当財団の事業定義「企業等のニーズに応え、保有する研究力を用いた研究もしくは開発の受託および共同を行う企業研究受託事業」を有償にて実施いたします。

1) 共同研究の制限

民間企業との共同研究は、緊急の社会要請に基づくもの、例えば、国民の危険に繋がる事象の緊急の解明・分析等を除いて、原則として行いません。

2) 受託研究

(知的財産権の帰属)
受託研究は、委託者に帰属する出願を含む知的財産権、ノウハウまたは合理的な科学的予想を含む知見などの開示を願い、加えてその成果目的を提示されたものに対して実施をします。これらの開示並びに提示された内容に伴う発見等があった場合には、その発見等は委託者帰属とします。委託者へは発見等を行った当財団研究者の発明者としての処遇をお願いします。
他方、上記の開示と提示の範疇からはずれ、当財団研究者が単独で行った発明等は当財団に帰属し、当該の知的財産権は委託者の無償使用、又は委託者への譲渡は出来ません。

(費用の負担)
受託の費用として、当該受託研究に必要とする研究人件費、消耗品費をはじめとする直接的研究費、設備使用並びに管理に関する費用に加えて、当財団の公益事業に資する妥当な率の収益を合算した研究経費のご負担を願います。

詳しくは、添付の「知的財産ポリシー」、「民間受託研究取扱い規則」並びに「民間受託研究契約基準」をごらん下さい。

  知的財産ポリシー[334KB]
民間受託研究取扱い規則[285KB]
  民間受託研究契約基準[394KB]

※PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
 お持ちでない方は「ご利用について」をご覧ください。


[ PAGE TOP ]