研究成果
総説・著書 2022.12.12

総説・著書2011

Satake, H., Kawada, T., Aoyama, M., Sekiguchi, T., Sakai, T. (2011) “Ascidians: new model
orgnanisms for reproductive endocrinology” In: Update on Mechanisms of Hormone Action – Focus
on Metabolism, Growth and Reproductions
. (Gianluca Aimaretti, Paolo Marzullo, and Flavia
Prodam eds), IN-TECH, Vienna, Austria, pp. 313-336. [Publisher]

佐々木 尚子、関口 俊男、楠本 正一、佐竹 炎 (2011) 「脊椎動物祖先型生物ホヤは
ハイブリッド型の Toll 様受容体を持つ」エンドトキシン・自然免疫研究 14, 75-78.

小埜 栄一郎、佐竹 炎 (2011)「ゴマリグナン生合成経路と代謝工学」バイオインダスト
リー 28, 27-33.

佐竹 炎、畑 直樹、岡澤 敦司「リグナンの代謝工学的生産を目指した基盤研究」(2011)
バイオサイエンスとインダストリー 69, 289-293.

Takahashi, T., Hatta, M. (2011) “The importance of GLWamide neuropeptides in cnidarians
development and physiology.” J. Amino Acids 2011, ID 424501. [PubMed]

研究成果へ戻る