研究成果
総説・著書 2022.12.12

総説・著書2007

関口俊男佐竹 炎 (2007) 「カタユウレイボヤをモデルとした神経ペプチドの構造と機
能の進化」33, 71-80.

研究成果へ戻る