構造生命科学研究部

研究部の狙い

複雑な生命現象の中には、有機小分子のはたらきが鍵となるものが多くあります。例えば、糖、脂質等の一次代謝物、リグナンやポリフェノール等の二次代謝物、ペプチドやステロイド等のホルモン類が活躍していますが、これらはゲノム情報に直接書き込まれていないので、作用機構を明らかにするためには、遺伝子配列を調べるだけでは不十分です。私たちは核磁気共鳴法(NMR)や質量分析(MS)などの最先端機器分析と有機合成による分子プローブの創製技術を駆使して、生理活性分子の構造を明らかにし、それらの相互作用や複合体形成、局在や動態の変化などを分子・原子レベルの視点から明らかにすることで、生命現象の機構解明を目指しています。
構造生命科学研究部では、有機化学・生化学・分析化学・構造生物学などを基盤として、分子動態の検出・可視化、生理活性分子の同定、機能性分子の合成、生体分子の物性評価などを行っています。研究者各々の特性を活かしつつ、相互連携しながら学際的な研究を進めています。

研究内容

  • 生体分子の時空間局在解析から
    見る生物活性メカニズム解明
  • 脂質性生体分子の生体膜存在下での
    活性発現機構解明
  • 植物二次代謝産物の
    生体内制御機構の解明
  • 生理活性天然有機化合物の固定
研究テーマ 研究成果

メンバー

主幹研究員
研究部長
構造生命科学研究部

山垣 亮

特任部長
構造生命科学研究部・研究企画部・事務局

島本 啓子

主席研究員
構造生命科学研究部

野村 薫

研究員
構造生命科学研究部

堀川 学

研究員
構造生命科学研究部

原田 英里砂

研究員
構造生命科学研究部

菅原 孝太郎

研究員
構造生命科学研究部

藤川 紘樹

研究員
構造生命科学研究部

森 祥子

協力研究員

木村 優佳

協力研究員

豊永 宏美