研究成果
総説・著書 2022.12.12

総説・著書2018

山垣亮
「UV-MALDI-MS によるフラボノイド配糖体構造異性体の識別とレーザー励起
による水素ラジカル脱離」
J. Mass Spectrom. Soc. Jpn., 66(5), 197-203 (2018). [Publisher]

堀川学 山本将之 小埜栄一郎 村田純
「ひらけごま!見えてきたゴマリグナンの生合成機構」
化学と生物, 56 (11), 738-746 (2018). [Publisher]

藤川紘樹
「シャペロン様活性を有する糖鎖類縁体」
Trends. Glycosci. Glyc., 30, E241-E243 [Publisher]; J201-J202 [ Publisher](2018).

Namba K, Murata Y. (2018) “Organic Chemistry Research on the Mechanistic Elucidation of Iron
Acquisition in Barley.” Biol Pharm Bull. 41(10):1502-1507. [J-Stage]]

村田 佳子 (2018) 第 20 章ムギネ酸 p133-140、化学のとびら 64 天然物の化学 II 自然か
らの贈り物 上村大輔編 東京化学同人

Koyama T. (2018) “A hidden link between leaf development and senescence”. Plant Sci. 276,
105-110. [PubMed]

小山 知嗣 (2018)「葉の形を決めるマイクロ RNA ネットワーク」化学と生物 56,
774-776.[J-Stage]

山本 将之、堀川 学村田 純、小埜 栄一郎 (2018) 「代謝酵素が広げるゴマリグナ
ンの多様性」 Sesame Newsletter (日本ゴマ科学会誌)

研究成果へ戻る