研究成果
総説・著書 2022.12.12

総説・著書2020

山垣 亮、山崎尭嗣、木村優佳
「液体クロマトグラフィー質量分析におけるキャリーオーバー問題と解決法」
J. Mass Spectrom. Soc. Jpn., 68 (6), 99-105 (2020). [Publisher]

沢里克宏 藤川紘樹 島本啓子 西山賢一
「大腸菌におけるタンパク質膜輸送に関与する糖脂質 MPIase の発現制御機構
酵素様機能をもつ糖脂質 MPIase」
化学と生物, 58 (4), 223-230 (2020). [Publisher]

菅原孝太 山垣亮 緒方是嗣 山本卓志
「質量分析イメージングを用いたビオラ花弁におけるフラボノイド類の可視化」
株式会社 島津製作所 Application Note 59, 1-8 (2020).

Sakai T, Yamamoto T, Matsubara S, Kawada T, Satake H. (2020) “Invertebrate
Gonadotropin-Releasing Hormone Receptor Signaling and Its Relevant Biological Actions” Int J
Mol Sci.
21, 8544. doi: 10.3390/ijms21228544. [PubMed]

Takahashi T, Shiraishi A. (2020) Stem cell signaling pathways in the small intestine. Int J Mol Sci.
21(6), 2032. [PubMed]

Takahashi T. Roles of nAChR and Wnt signaling in intestinal stem cell function and inflammation.
Int Immunopharmacol. 81, 106260. [PubMed]

Takahashi T. (2020) Cnidarian peptide signaling molecules. In: Advances Invertebrate
(Neuro)Endocrinology, (Eds. Saleuddin S., Lange A.B., Orchard I.), Apple Academic Press, USA,
Chapter1, pp. 1-24.

Takahashi T.(2020) Comparative Aspects of Structure and Function of Cnidarian Neuropeptides.
Front. Endocrinol. 11, 339. [PubMed]

高橋 俊雄(2020)「非神経細胞型アセチルコリン受容体を介した腸幹細胞の分化・増殖制
御機構の解明」Precision Medicine 3(6), 88 –91.「研究者の最新動向」

三田 雅敏、大杉 知宏、高橋 俊雄、渡辺 健宏、佐竹 炎(2020)「ヒトデの配偶子放
出のメカニズム:ヒトデの放卵・放精はアセチルコリンによる Ca2+-influx により誘起さ
れる」 比較内分泌学 146, 79-81.

研究成果へ戻る