研究成果
総説・著書 2022.12.12

総説・著書2021

小埜 栄一郎 村田 純 堀川 学
「 ゴマリグナン酵素進化から学ぶ特化代謝観」
ファルマシア, 57 (8), 715-720 (2021). [Publisher]

山垣 亮、木村優佳、山崎尭嗣
「 LC-MS による高感度ペプチド定量分析の問題点と解決法:極微量ペプチド標
品の吸着と検量線作成」
J. Mass Spectrom. Soc. Jpn., 69 (2), 23-29 (2021). [Publisher]

Takahashi T., Fujishima K., Kengaku M. (2021) Modeling intestinal stem cell function with
organoids. Int. J. Mol. Sci. 22, 10912. [PubMed]

佐竹 炎(2021) 「ホヤから見つかったペプチドと受容体からわかったこと」 比較生
理生化学 38(3), 115-123.

川田 剛士(2021) 「バソプレシン遺伝子改変ホヤの解析」 比較内分泌学 47, e0003.

Satake H., Osugi T., Shiraishi A. (2021) Impact of Machine Learning-Associated Research
Strategies on the Identification of Peptide-Receptor Interactions in the Post-Omics Era.
Neuroendocrinology. doi: 10.1159/000518572. Epub ahead of print. [PubMed]

Takahashi T. (2021) Multiple roles for cholinergic signaling from the perspective of stem cell
function. Int J Mol Sci. 22, 666. [PubMed]

高橋 俊雄 (2021) 「非神経細胞型アセチルコリン受容体を介した腸幹細胞の維持機構の
解明」BIO Clinica 36(5), 94-97. BIOLOGY TOPICS

研究成果へ戻る